アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

October 2014
M T W T F S S
« Jun    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

postheadericon白髪染めとヘアカラー

白髪染めを考えてる夫婦

昨今、美容室でヘアカラーを希望する人が増加しており、本格的にお洒落にこだわりたい女性にとっては、きちんとした技術を持った美容師に任せることが良いとされています。
また、白髪の悩みを抱えている女性も大勢いるといわれていますが、白髪染めなどの選び方ついても気を配ることが望まれています。
大手の美容室などでは、オリジナルの白髪染めを取り扱っているところもあり、これからヘアカラーに挑戦をする場合には、あらかじめ自分である程度のケアをすることが大切です。
特に、白髪染めの使い方については、雑誌やウェブサイトなどで取り上げられることが増えているために、日常的に情報収集に励むことが勧められています。

ここ数年の間では、美容室のヘアカラーの種類についても様々なものが登場していることから、必ずしも白髪染めに頼らなくても自分好みのカラーを目指すことができるようになっています。
中でも、巷で話題の美容室では人気のあるヘアカラーがたくさん取り上げられているために、おしゃれをアピールしたい場合にはもってこいとなっています。

インターネット上では、有名な美容室に関する情報交換が活発に行われており、画期的なヘアカラーを取り入れている店舗についての情報が好まれています。
こうした店舗には、十分にテクニックを持った美容師が在籍していることがあるために、本格的に身だしなみを整えたい人々からの注目が集まっています。
今後も、白髪染めとヘアカラーの関係について興味を持つ人が増えるとみられます。

postheadericon髪にやさしい白髪染め

白髪染めを考えてる老夫婦

美しい髪色を求めて、美容室などで髪を染めるのは一般的です。
ヘアカラーや白髪染めを美容室や自宅で行いますが、染めた後にかゆみが残る場合があります。
ヒリヒリした痛み、我慢できないかゆみ、皮膚が赤くただれる、それはジアミンアレルギーかもしれません。
ジアミンアレルギーとは、パラフェニレンジアミン(PPD)によって引き起こされるアレルギーで、今まで大丈夫だった人でも、ある日突然その症状に悩まされることがあります。
ヘアカラーや白髪染めでアレルギー反応が出たら、ただちに使用は中止し、症状がひどい場合には皮膚科に相談しましょう。
ジアミンアレルギーの方は、ヘアカラーや白髪染めは使えなくなり、二度と染めることができなくなる、ということはありません。

ジアミンを含まない商品による染色方法があります。
ヘナはジアミンを含む商品もあるので、ヘナ100%のものであることを確認する必要があります。
ヘナの場合、染色に手間と時間がかかるため、一般家庭で使用するにはかなり根気が必要です。
ヘナを専門にしている美容室もありますので、まずは美容室で染めてもらい色の具合を確認するのもありです。

ヘアマニュキュアはスーパーなどでも売られていますので、家庭で染めるには手軽です。
白髪染めのヘアトリートメントはシャンプー時に髪の毛に伸ばし、10分ほど置いて洗い流すものです。
ヘアカラー商品のような即効性はないので、何度か繰り返すことで染まっていきます。
髪にはやさしい成分なので、手触りもよくなります。
アレルギーだからとあきらめず、たくさんの商品が出ているので、染まり具合、コスト面など、いろいろ試してみるといいと思います。